スコアボード

【公式戦】9/24 対広島鯉城クラブ(中・四国クラブ選手権)

2017年10月07日(土)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

鯉城ク

0

1

0

0

0

0

0

1

福山RF

3

1

0

0

4

0

/

8

 

鯉城ク

チーム名2

バッテリー

岩崎、佐藤耕、中谷-丸本

森井、坂本-輔平

6回1失点と好投した森井

福山RFは1回裏、田井と塩見のタイムリーで3点を先制。2回表に鯉城クにエラー絡みで1点返されたが、その裏に小栗のタイムリーツーベースで1点を奪い、再び3点リードの展開。5回裏には代打・宮川正のツーランホームランなどで4得点を挙げ、ゲームを決定づけた。先発の森井は6イニングを1失点の安定した投球を見せ、7回も坂本が締めてコールド勝ちとなった。

 

 

【交流試合】9/18 巨人3軍戦

2017年09月20日(水)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

巨人3軍

1

0

0

2

0

1

0

4

5

13

福山RF

0

1

0

0

0

4

0

0

0

5

 

巨人3軍

福山RF

バッテリー

橋本篤、山川、大竹秀、高井、高木京-高山、松澤、鬼屋敷

森井、厚主、坂本、森内-輔平

2回にソロホームランを放った主砲・高岡

5回を3失点に抑えた森井

福山RFは2回裏、主砲・高岡のソロホームランが飛び出したほか、6回裏には5安打を集中し一時はリードを奪う展開としたが、終盤に中継ぎ投手陣が打ち込まれ、終わってみれば2ケタ失点での敗戦となった。先発の森井は5回を投げて5安打3失点4三振とプロ相手に堂々と責任回数を投げ切った。

 

【オープン戦】8/27 対近畿大学工学部

2017年09月04日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山RF

0

0

0

1

0

0

0

0

0

1

近大工学部

4

0

0

0

1

0

1

0

/

6

 

福山RF

近大工学部

バッテリー

吉冨、厚主、森井、坂本-輔平

野村、富田、石井、添島、岡本-坂本、大田

 

 

 

【オープン戦】8/26 対修道大学

2017年09月04日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山RF

0

0

0

0

0

1

0

1

0

2

修道大学

1

3

0

1

1

1

0

4

/

11

 

福山RF

修道大学

バッテリー

竹内、森井、坂本、森内-元谷、輔平

宇佐-田中

 

 

 

【公式戦】8/5 全日本クラブ野球選手権中・四国予選 山口防府BC戦

2017年08月06日(日)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山RF

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

山口防府BC

0

0

0

0

0

0

0

0

1x

1

 

福山RF

山口防府BC

バッテリー

川里-輔平

佐伯-野村篤

◎試合展開

好投した川里

ホームラン性のファウル・外野フライを放った丸山

全国大会出場を賭け、4チームによるトーナメント形式で行われた中・四国予選の第1試合。
福山RFは1、2、8回に四球のランナーが出塁するも、山口防府BCの佐伯の好投の前に打線が沈黙。4回には丸山がライトポール際のスタンドに入るファイル、同じ打席でライトスタンド入りの軌道を描く大飛球を放つもフェンス際のジャンピングキャッチで好捕され、得点とならなかった。
守っては1、2、4、8回とスコアリングポジションにランナーを置く厳しい状況が続いたが、再三の好守にも助けれられて失点を防いだが、9回裏ヒットと2四死球で2死満塁の末、最後は押し出しの四球でサヨナラ負けとなった。福山RFは先取点や好守を機に猛打を発揮する勝ちパターンの試合運びができず、ノーヒットノーランを被る結果となった。

【オープン戦】7/29 対アークバリア

2017年07月31日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山RF

3

1

2

0

0

0

5

1

3

15

アークバリア

1

0

1

3

0

0

2

0

0

7

 

福山RF

アークバリア

バッテリー

竹内、森井、厚主、森内、坂本、川里-輔平、元谷

森高、伊達、森崎、柏田、山本、児玉-岡野

◎試合展開

14安打、15得点の猛攻で勝利。3回までに6点を挙げたほか、7回表は打者10人の攻撃で相手チームの制球・守備の乱れにも乗じ5得点。9回表にも3本の長打を絡めて3点を挙げた。投手陣は全日本クラブ野球選手権中・四国予選前の最後のオープン戦ということもあり、吉冨を除く6投手を投入。7失点となったものの、細かい投手リレーで勝利を収めた。

 

【オープン戦】7/15 対吉備国際大学 第二試合

2017年07月21日(金)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山RF

0

3

0

0

0

0

0

4

0

7

吉備国際大

0

0

0

0

1

0

0

0

0

1

 

福山RF

吉備国際大

バッテリー

吉冨、森井、川里-松永、元谷

ツル原、中澤、大杉、山下-青木、安井

ダブルヘッダーの二戦目。福山RFは2回表、中村の2塁打を含む5安打の攻撃で3点を先取。8回にも塩見の満塁ホームランで4点を追加し、試合を決定づけた。投手陣は吉冨~森井~川里のリレーで5回の1失点に抑えた。

 

 

【オープン戦】7/15 対吉備国際大学 第一試合

2017年07月21日(金)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

吉備国際大

0

1

0

0

0

0

0

0

0

1

福山RF

0

0

0

0

0

0

0

0

2x

2

 

吉備国際大

福山RF

バッテリー

内田、合田、白井、日浦-藤井

-輔平

試合は吉備国際大が2回表にソロホームランで先制。福山RFは8回まで散発3安打、2四死球、2併殺と攻めあぐねたが、9回裏2死から丸山のサヨナラタイムリーで逆転勝ちした。

 

 

【オープン戦】7/8 対 環太平洋大学

2017年07月19日(水)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山RF

0

2

0

0

0

0

4

0

0

6

環太平洋大

1

1

0

0

0

2

0

2

0

6

 

福山RF

環太平洋大

バッテリー

竹内、川里-輔平

屋良、高畠、田淵、中塚、小谷-高祖、岩佐、井上

シーソーゲームの末のドロー。1点を先制された2回表、2死満塁から中村の2点タイムリーで逆転した。環太平洋大打線も福山RFの先発左腕・竹内を攻め立て2回裏に1点を加えて同点、さらに6回裏に2点を加えて逆転した。しかし福山RFも7回表、打者10人の猛攻で4点を奪い再逆転した。粘る環太平洋大は8回裏、3連続四死球で1死満塁からタイムリーと犠飛で2点を取り同点に追いついた。9回は両者無得点で引き分けた。

【オープン戦】7/2 対広島鯉城クラブ

2017年07月07日(金)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山RF

2

0

0

1

3

0

0

0

4

10

鯉城ク

0

0

1

0

0

0

0

0

0

1

 

福山RF 鯉城ク

バッテリー

川里、吉冨-松永、輔平

佐藤耕、河野、中谷-丸本

◎試合展開

5回の塩見の3ラン、9回の高岡の満塁ホームランを含む10得点で快勝。投手陣は川里~吉冨のリレーで、ソロホームランによる1失点に抑えた。

 

pagetop