スコアボード

【公式戦・JABA徳山大会】VS 山口防府ベースボールクラブ

2019年05月02日(木)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

山口防府ベースボールクラブ

0

2

0

0

2

0

0

1

0

5

福山ローズファイターズ 

0

0

0

0

0

1

0

1

1

3

 

山口防府ベースボールクラブ

福山ローズファイターズ 

バッテリー

佐伯-野村篤

大恵、森井-松永

◎試合展開

◆森井4イニングを1失点に抑える粘投

 

全国大会(クラブ選手権)に繋がる大事な大会であったが、昨年と同様、初戦で敗退となった。

相手からも四球やエラーでチャンスを何度となく演出するが、決定打が中々生まれず、終盤に意地を見せるも力負けを喫した。

残念ながら今年も念願の全国大会(クラブ選手権)への道は閉ざされる形となったが、残りの大会で何とか意地を見せたい。

 

【今後の大会、試合日程】

・都市対抗広島県予選 (東広島アクアスタジアム) 5月11日(土)〜5月15日(水)

・広島東洋カープ2軍交流試合 (福山市民球場) 5月27日(月)

・JABAびわこ大会 (皇子山球場or彦根球場) 10月25日(金)〜10月27日(日)

 

 

【公式戦・JABA子規杯 決勝戦】VS 倉敷ピーチジャックス

2019年04月24日(水)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山ローズファイターズ 

0

0

0

0

1

0

1

1

2

6

倉敷ピーチジャックス

0

0

0

0

0

0

2

3

0

5

※延長10回に1点を追加しました。

 

福山ローズファイターズ 

倉敷ピーチジャックス

バッテリー

森井、足立-松永

黒瀬、早藤逹、政田-田辺

◎試合展開

◆森井(ホーコス)7回途中4失点の粘投

◆足立(山陽染工)2回1/3を4奪三振の好救援

◆輔平(メディアテック一心)3安打1打点と主軸の活躍(2三振)

◆平田(メディアテック一心)代打で値千金のタイムリー、延長10回先頭で出塁し勝ち越し点の演出

 

立ち上がりは両先発の好投で幕をあける。森井(ホーコス)は毎回走者を許しながら要所で三振を奪い粘りの投球を見せる。攻撃は5回に先頭の堀(山陽染工)がレフト前で出塁し、高岡(メディアテック一心)の技ありバントで走者を進め、宮川友(エブリイ)の気迫のレフト前タイムリーで1点を奪う。その後更に1点を加え、迎えた7回にこの日初の長打を相手の4番に浴び、味方のエラーなどもあり2点を奪われ同点に追いつかれる。8回松永(ホーコス)がレフト前ヒットで出塁、チャンスが拡大し満塁となり、ここで期待の大器、平田(メディアテック一心)の代打がコールされ、大会初打席を迎えた。結果は良い意味で期待裏切る綺麗な左中間へのヒットとなり1点を追加し、再びリードを奪う。8回の守備の途中で足立(山陽染工)にスイッチし、不運な当たりもあり3点を追加されリードを許す展開になってしまう。ただここでこのまま終わらないのが今年の福山ローズファイターズ 。9回にこの大会苦しんでいた主将の田井(山陽染工)に待望のヒットが出て相手のワイルドピッチもあり無死三塁で4番の輔平(メディアテック一心)が期待に応えるタイムリーを放つ。後続も続き、堀にもタイムリーが飛び出し、同点に追いつく。そして延長に入った10回表美ってる平田が相手のエラーで出塁すると、犠打とヒットで走者を進め、最後はワイルドピッチで決勝点をもぎ取り、最終回は足立がそのまま締めくくり見事大会初優勝を飾った。

 

【公式戦・JABA子規杯】VS 松山フェニックス

2019年04月21日(日)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山ローズファイターズ 

0

0

1

0

0

0

1

0

0

4

松山フェニックス

1

0

0

1

0

0

0

0

0

2

※延長に入り、10回表に福山ローズファイターズ が2点追加しました。

 

福山ローズファイターズ 

松山フェニックス

バッテリー

大恵、森井、足立-松永

伊藤、松井-井上和

◎試合展開

◆中村(エブリイ) 先制タイムリー

◆大恵(ホーコス) 6回2失点の投球

◆森井(ホーコス) 3回無失点の好救援で勝ち投手

◆丸山(エブリイ) 勝ち越しタイムリー

初回に大恵(ホーコス)が先制を許すが、その後は粘り強い投球を見せる。3回に中村(エブリイ)が同点に追いつく長打を放ち、四球で出塁の高岡(メディアテック一心)が生還。4回に逆転を許すも、7回に再度四球で出た松永(ホーコス)を高岡が執念のレフト前タイムリーで同点に追いつく。7回から投手は森井(ホーコス)にスイッチし、安定感のある投球を見せ、9回裏最大のピンチである一死1、3塁のピンチを気迫のピッチングで切り抜けた。迎えた延長10回表、途中出場の先頭の伊藤(ホーコス)が自慢の俊足を活かし、相手のエラーを誘発し出塁。続く丸山(エブリイ)がライトオーバーの勝ち越し3塁打を放ち、均衡がついに破れる。さらに1点を追加し最終回は足立(山陽染工)が140km越えの威力のある直球を武器に締めくくり、勝利を納めた。

【オープン戦】対四国銀行

2019年04月16日(火)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山ローズファイターズ 

0

0

0

1

1

0

1

0

0

3

四国銀行

0

0

0

0

2

4

0

0

x

6

 

福山ローズファイターズ 

四国銀行

バッテリー

森井、大恵、谷口、坂本、足立 - 松永 

【オープン戦】 3月17日 対近畿大学工学部

2019年03月18日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山ローズファイターズ 

0

0

1

3

0

0

0

0

0

4

近畿大学工学部

0

5

1

0

1

0

1

0

x

8

 

福山ローズファイターズ 

近畿大学工学部

バッテリー

大恵、谷口、林、足立-松永

 

【オープン戦】 3月16日 対福山大学

2019年03月18日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

福山ローズファイターズ 

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

福山大学

0

0

0

0

0

1

0

1

x

2

 

福山ローズファイターズ 

福山大学

バッテリー

森井-松永

【オープン戦】 3月9日 対岡山商科大学

2019年03月18日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

岡山商科大学

0

1

0

0

0

1

0

0

0

2

福山ローズファイターズ 

0

0

2

0

0

0

0

4

x

6

 

岡山商科大学

福山ローズファイターズ 

バッテリー

足立、森井、大恵-松永

 

【OP戦】 3月3日 対倉敷ピーチジャックス

2019年03月18日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

倉敷ピーチジャックス

0

0

0

0

0

0

0

0

3

3

福山ローズファイターズ 

0

0

1

0

0

0

0

3

x

4

 

倉敷ピーチジャックス

福山ローズファイターズ 

バッテリー

大恵、足立、谷口、林、森井-松永、田中

 

OP戦 3月2日 広島修道大学

2019年03月18日(月)

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

広島修道大学

0

0

0

0

0

0

0

0

0

0

福山ローズファイターズ 

0

0

0

0

2

0

0

1

x

3

 

広島修道大学

福山ローズファイターズ 

バッテリー

 

森井、林、谷口、宮川公-松永

【オープン戦】8/4 対修道大学

2018年08月06日(月)

チーム名

1

2

3

4

5

6

7

8

9

広島修道大学

福山ローズファイターズ

×

 

広島修道大学

福山ローズファイターズ

バッテリー

田中、丹橋、引村、小田、古賀、平本 - 米山、今村

岡本、森井 - 松永、輔平

◎試合展開

【トピックス】

◆岡本投手 先発登板 7回二失点の好投

◆松永選手 3安打の猛打賞

◆森井投手 安定の2回無失点

【総括】

先発岡本の立ち上がりはベストという訳ではなく、どことなく不安定だったがバックも含め辛抱し、チャンスに集中力を持って得点に繋げることができた。

ただ14安打で6得点はまだまだ効率が良いとは言い難い。走塁も含めた攻めのバリエーションが増えてくれば、もっと攻撃力も高まるはず。

 

pagetop